心に力を作る / 大切にする / 入力(=インプット)と出力(=アウトプット)について

入力(=インプット)と出力(=アウトプット)について

人間には、情報を入力(=インプット)するところと、

出力(=アウトプット)するところがあります。


「脳を活かす仕事術 著者:茂木健一郎」  によりますと、

脳の「感覚系」という、見る・聞く・感じるなどの五感を通して情報を

受けとったときにその処理や認知を行う領域で、情報を入力(=インプット)します。

つまり、入力(=インプット)とは、「理解すること」です。


これに対して、出力(=アウトプット)するのは、「運動系」という、

実際に手足や口などを動かすことを司る領域でおこなわれます。

つまり、出力(=アウトプット)とは、「実践する」ことです。


しかし、それらは、直接、回路がつながっていないとのことです。


情報を入力(=インプット)する
=理解する
例)
絵や作品を見る。
音楽を聴く。
情報を出力(=アウトプット)する
=実践する
(例)
絵を書く。
企画書にまとめる。
考えを紙に書く。
作詞作曲する。


回路が直接つながっていないため、たとえば、どんなに素晴らしい芸術を

鑑賞(=インプット)しても、そのままを再現できません。

入力(=インプット)と出力(=アウトプット)のズレは、

実際に出力(=アウトプット)してみないと、

「どこがどのようにズレがあるのか」わからないのです。

ズレを矯正するには、自分の作品を再び入力(=インプット)し、

ズレを確認し、出力(=アウトプット)します。

それをまた、入力(=インプット)し、確認し、

出力(=アウトプット)する・・・というサイクルを繰り返していくのです。

同じように描けるようになるには、相当な出力(=アウトプット)、

つまり、反復練習がいります。


そして、大事なことは、インプットとアウトプットのバランスをとることです。


  • インプットは多いが、アウトプットが少ない

アウトプット < インプット = 納得のいくものが作れない


  • アウトプットは多いが、インプットが少ない

アウトプット > インプット = 大したことのない物ができあがる


入力(=インプット)と出力(=アウトプット)をバランスよくするには、

良いものにたくさん触れて、それと同じ分量だけ自分でも表現してみることです。

そうやって、インプットとアウトプットのサイクルを多く回していくことが、

よりよいものを作るコツなのだそうです。