サイト内をキーワードで検索する方法


ここでは、このサイト内で知りたい情報を得るために、検索機能の利用方法をご紹介します。


欲しい情報を素早く的確に見つけるには

いかに効果的なキーワードで検索できるかが重要です。検索に慣れていない場合は、

以下の情報を検索キーワードの選び方のヒントにしてください。


単語で検索する

検索キーワードは、「単語」区切りで指定する事で、より広範囲を検索でき、

検索にヒットするページ数が増えます。

欲しい情報が見つからない場合は、文章ではなく「単語」区切りで検索すると良いでしょう。


似た言葉で検索する

  • 似た意味を持つ言葉の場合

例えば、「お祭り」と「祭祀」「神事」は似た意味を持ちます。

「お祭り」で検索しても、思ったような情報が得られない場合は、

「祭祀」や「神事」という言葉で検索し直してみると、

別の参考情報が手に入る可能性があります。


  • 言葉自体が似ている場合

例えば、「おつとめ」と「お勤め」と「お務め」のように、言葉自体が

似ている場合は、それらの言葉をそれぞれ検索し直してみると良いでしょう。


複数のキーワードで検索する

複数のキーワード(単語)を使用すると、一つのキーワードでの検索よりも

検索結果が絞り込まれるので、情報が見つかりやすいです。

複数のキーワードを使用する場合は、単語の間を空白文字で区切る事で、

両方のキーワードを含むページを検索できます。

例えば、

  • 「問い合わせ フォーム」と (空白で区切った場合)
  • 「問い合わせフォーム」では、(連続して記述した場合)

検索結果が異なります。

求めている情報が見つからない場合は、

上記のように単語毎に区切って検索するのも良いでしょう。


AND検索とOR検索

「AND」は複数の条件がすべて当てはまることです

たとえば、「ペット」と「犬」の二つのキーワードがあったとします。

AND検索で検索すると、「ペット」と「犬」の二つが

絶対含まれているデータを検索するということです。

たとえば、「ペット AND 犬」というキーワード検索の場合、

「ペットで、かつ犬」であるものを示すことになります。


「OR」は複数の条件のいずれかが当てはまることです

一方、「OR」の場合は、挙げられた条件を一つでも満たすものを示します。

OR検索で検索すると、「ペット」または「犬」の

どちらかを含むデータを検索するということです。

「ペット OR 犬」であれば、「ペット または 犬」であるものを示すことになります。

この場合は「ペット」と「犬」の二つが両方含まれたデータも

検索対象になります。検索結果は、 OR検索の方が多くなります。


検索結果から、適したページを選ぶ

検索結果が表示され、ページのタイトルと、概要が表示されますので

関連の深いと思われるページをクリックして下さい。